VD棟の廊下に人影はなかった。


が、すぐに廊下の先の入口の方から話し声が聞こえ、それが渡良瀬の声であることに哉汰はすぐに気付いた。


各棟の玄関ホールにはコーヒーの自販機と面談用の簡易テーブルとスツールが一対用意されている。


そこを使っているのだろう。


哉汰は足早にホールへと入って行った。


開けたホールに出た時、渡良瀬が柚の両肩を抱いて揺すっているのが見えた。


長身の渡良瀬を見上げている柚の目は明らかに困惑に歪んでいる。


「だから、あれは美也子ちゃんの売り言葉に買い言葉だったんだって…頼むよ。…機嫌直してくれって!」


「…そ、そんなこともう、あたしには関係な…」


泣きそうな声で渡良瀬にそう言いかけた柚が、ハッと視線を投げてきた。


「…!!」


柚の視線に気付き続いて渡良瀬も振り返ってきたのを合図に、哉汰は無遠慮に二人へ歩み寄る。


「…ふ、藤宮。…何?何か用か?」


「ええ。すいません。これから俺、星崎さんを病院に連れて行かないと。」


凛とした声で告げた哉汰は、


「ですよね?星崎さん」


と柚に同意を求めた。






この作品のキーワード
恋愛  笑える  胸キュン  年下  イケメン