★★★★★
大人恋愛
真面目で一生懸命な紗彩 

愛する人を失った彼女は、悲しみに溺れた中で契約恋愛という逃げ道をみつける

「割り切れる?」と放たれた達雄の一言が大人の狡さと弱さの象徴みたいで、妙にリアルでした でも、紗彩は契約恋愛を受け入れつつどこか否定していて 例えば、達雄に紗優ちゃんを会わせたかったり…心の底ではちゃんとした恋愛を望んでいたんじゃないかなぁーと思わせてくれる伏線がお見事! 

子どものこと、自分のこと……全て受け入れてくれる英治くんという素晴らしい男性

紗彩は彼に惹かれていくのですが

そうそう、それが本当の恋愛だよね!と応援してました

ちょっと先を見通せる賢さと大人の余裕を持ち合わせているのに、二人になると子どもっぽかったり!彼となら素敵な家庭を築けますよね

切なくて、でも胸が暖まる素敵な作品です
西島美尋
12/03/30 08:36

>>新着レビュー一覧へ