時は、幕末──

わけあって大奥から脱走した、
元くの一のあたし。

路頭に迷った末に、出会ったのは……。


「お前、誰だ?」


壬生の狼と呼ばれていた新撰組の
若き美剣士

【沖田総司】



月夜の晩、彼は……

とんがりお耳とふさふさしっぽの
狼くんに変身!?


「がうっ!」


「きゃああぁぁぁぁ~!
食べないでぇぇぇぇ~!」



うっかり入隊しちゃったあたし、いつまで無事でいられるの?



※史実を元にした妄想フィクションです


☆2014.8.25文庫発売☆
→書籍化にともない、
『花と狼』から『幕末オオカミ』に改題いたしました。

文庫版は内容が少し違います。
読み比べてみてください( ´艸`)

この作品のキーワード
新撰組  逆ハー  イケメン  幕末  妖怪  沖田総司  ギャップ  狼男  胸キュン  無愛想 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。