彼と恋をするには、

子供の私にはまだ早かった。


「大人になったら付き合ってあげるよ」

彼は妖艶に微笑むと、私の前から去って言った。


そして、あれから7年がたった彼は

先生として私の前に現れた