ノープランで書きはじめたから、どう展開するかは作者自身も知らないんですけどね f^_^; でも感動的なラストだけは頭にあるんです。ただ、そこに至るまでの技量が自分にあるかどうか、かなり不安。ページ数はショートショート作家にはかなりキツイ20〜50ページ w(゚o゚)w でも、この小説がその程度でおさまれば成功ですね(本当にノープランでしょ!)

内容は鳥類学者の大学教授、岩井浩一が、家出中の杉山薫を保護したところから始まります。いろんなトラブルに巻き込まれながらも、自分の研究対象である『神の卵を宿す鳥』を捜し求めちゃうみたいな。まあ、そこらへんを面白く可笑しく書いたギャグ小説ですから、気楽に読んでくださいまし♪


【登場人物(あとで追加あり)】

岩井浩一(いわいこういち)
35歳
主人公で鳥類学者の大学教授


杉山薫(すぎやまかおる)
17歳
女子高生。現在、家出中です


田中美沙子(たなかみさこ)
24歳
岩井教授の助手。結婚間近な設定


滝澤寛貴(たきざわひろき)
18歳
身長が高い好青年


滝澤源田(たきざわげんた)
45歳
寛貴の父でコンビニの店長