★★★★★
思い出してはならない追憶
誘惑、狂気、嫉妬、愛情
響くのは、死の旋律──…

感情的なヴァイオリンの音色は、少女を死へと駆り立てる。

愛した相手は誰なのか。
焦がれた相手は誰なのか。

その好奇心が破滅へ向かうとしても、その箱を開けることが出来ますか?

きっとその先にある結末に、
あなたは胸を焦がすでしょう。
天倉千尋
12/10/12 18:38

>>新着レビュー一覧へ