何度恋しても

必ず誰かに奪われた



後悔ばかりなら

いっそ恋なんてしなくて良いと


思った



そんな私を

見てくれる人はいなかった


あぁ


恋って何だろう