こい、なんて





するはずじゃなかった。











なのに。