PM 7:00

『遅いねー、あいつー。』

「にゃーん」

『いつ帰ってくるかなー』

「にゃー…」

『借金ちゃんと返したかなー』

「にゃー」

それから一時間が経って、私と猫は意思疎通ができるようになった。

帰りが遅い主人を一日中待っていた二人は、目に見えない硬い絆で結ばれたのだ…。


…まあそんなことはさておき、

『お腹空いたよー…』

ぐうう、とお腹が空腹を訴えてくる。

「みゃー」

猫はそう答えて、歩き出した。

どこへ行くのかと、猫の姿を目で追って行くと、

そこにあったのは冷蔵庫。

猫は振り返って私に視線を送る。

どうやら、何か作れという意味らしい。

人の家で勝手に料理するのはさすがに気が引けるが、今日はまあしょうがない。

帰ってこないあいつが悪いんだ。

心の中で勝手にそう結論づけて、勢いよく冷蔵庫を開けた。

『…は?』