「ったく。元気だな」


教室内からグラウンドを眺めながら、先生は皮肉げに呟く。


外では生徒達が皆、それぞれ部活動に励んでいて。


私の彼もその中に溶け込んでいる。


OBなのに野球部の練習試合に参加して、後輩達とじゃれ合っていた。


あの様子だと当分戻って来ないだろう。


「先週来たばっかだぞ、アイツ」


苦笑する先生の横で――。


意識を彼にだけ向けるよう努める。


嬉しそうに素振りしている彼。


こちらに気づいて大きく手を振ってくる。


私もそれに応えた。


「……いいのかね。俺なんかと2人きりにして」


その一言で。


私の努力は無駄になった。


この作品のキーワード
TABOO  秘密  浮気  禁断  裏切り  三角関係  先生  教師  大人女子  偽り 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。