『俺を殺してくれたらいいのに』


目を伏せて、アイツは言った。

確かにアイツはここに居て、


間違いなく同じ時間を生きた。


限られた時の中、

どれだけアイツを愛せただろう?





*****BL作品です*****




**********

素敵なレビューありがとうございます!

来魅様



目次

この作品のキーワード
切ない    木枯らし