思考停止するだけのはずが、私は居眠りをしていたらしい。





フワフワとした心地いい気分に浸っている私を誰かが呼んだ。





「-い……。おーい!!聞いてんのか!?!?」





……ん。なんだ声うるさ!!




眉をひそめながら目を開ける。すると目の前に藤堂さんの顔がドアップでうつった。





『む。知らない間に寝たようだ』





「そうみてーだな」





呆れるように笑う藤堂さん。てか、何で彼はココに居るんだろうか。











この作品のキーワード
新撰組  トリップ  沖田総司  モテ王子  グダグダ  あやふや  恋愛  幕末  女剣士  歴史