恋愛が大嫌いな梓。「私に恋愛は必要ない。」そう言っていた梓のまえに現れた、一人の教師。
表向きはとてもニコニコしてて良いセンセイなのだが…裏はドSの変態だった。
でも、そんなセンセイに惹かれていく梓。
「私がこんな気持ち…っ…ありえない…」
今、運命の歯車が回りだすー…

この作品のキーワード
先生と生徒  ツンデレ  恋愛  学園  初恋  禁断