絶対なんて、信じない。
なんでもそう。はじめからおわりまで、変わらない気持ちなんてない。


信じれるものがなくて、臆病だった私を助けてくれたのは、あなたでした。

「俺がゆなを守るから。だからもっと頼れ。」

「大丈夫。ゆなひとりくらい支えてみせるから。もっと力ぬいて生きてみろよ」

甘い言葉が大好きな作者が自己満足のために、言葉をつづっていきます、、お許しください。

この作品のキーワード
先輩  甘め