櫻井しおりんさん(^-^)
読んでくださりありがとうございました。
脳性麻痺の人でも知能の高い方もたくさんおられますよね。
障がい者イコール何もできない人たち。
ではないということをみなさんにわかって頂くことも大事ですよね。
わたしもまだまだ伝え方が足りないところもあります。
かりんも大人になり、この作品も完全には完結していません。
まだまだ伝えていきたいと思います。
ありがとうございます。

桜庭みゆき 15/06/28 15:44

私はかりんちゃんと同じ脳性麻痺です
私が生まれた時は1656gで未熟児でした
そして異常なしで生まれてから3ヶ月後に退院しました
そして私が1歳になった頃異変を感じた母が病気に連れていき精密検査を受けさせてようやく発覚したそうです
その時の診断はかりんちゃんと同じく一生寝たきり意思の疎通は不可能
そこから10年以上リハビリを続け、歩くことも話すこともできるようになりました
私が小学校上がる年に学校を選べるようになり普通校に入学し高1まで這い上がることができました
病院で奇跡の子として見られてます
かりんちゃんと同じような子をたくさん病院で見てきました。そして私自身個性だと捉えてます
これも私の一部だと
そして治ることはないのだと
前向きに歩んでいけること、そしてなりより
社会が差別なくなってくれること
障害がない人もある人よりよい環境になってくれること
それが実現すること願ってます
また作品読ませていただきますね

櫻井しおりん 15/06/28 05:57

医者からの告知は、かりんの双子の姉妹カナのことを詳しく私の言葉で、書いた作品です(^-^)
そして、車椅子から見える愛はかりんの視点から書いた作品ですので、かりんが私のことや家族のことやカナのことを見たり感じたことを文章にしています。
ご理解頂けましたでしょうか。
読んで頂きありがとうございます。

桜庭みゆき 15/03/14 17:41

トレゾア6さん。
もうひとつのとはどの作品なのでしょうか?医者からの告知ですか?

桜庭みゆき 15/03/14 17:30

もう一つの小説と書いてある内容が同じなんですが、どうして同じ内容で2つ作ったのですか?

トレゾア6 15/03/14 10:45

シンさん。Twitterいまはやめているのでご無沙汰しているのに続きを読んで下さりありがとうございます(^^)小説というか何かを書くって不思議なことが起こりますよね。この作品はかりんが書かせてくらているし、かりんがたくさんの人に読んで貰いたいと思っているのだと思います。

桜庭みゆき 14/04/13 21:01


 ここまで、かりんちゃんが本当に喋っているように――本当にそう思っているように、読ませていただきました。
 いえ、一番傍におられる方がそう感じておられるのですから、きっとそうなのだと思います。
 遅々たる読み進めではありますが、また寄せていただきます。

― シン ―(退会) 14/04/13 20:38

誤字のご指摘ありがとうございました(^。^)老眼なのでなかなかみつけられないので教えて頂けると嬉しいです。

桜庭みゆき 14/03/24 08:13

257ページの検査~っていうところ、
検査なとではなく検査などではないですか?

ゆきこたん♪ 14/03/24 00:06

おおーシンさん(^。^)
ありがとうございます!

桜庭みゆき 14/03/15 21:48

次へ最後へ

>>感想ノートに戻る

>>作品に戻る

 ※通報とは?