やっぱり何度読み返しても涙が止まりません。

私も今、心優と同じ中学生です。

いつもと何気なく行ってる、学校、バカみたいにしあってる、友達。

当たり前のように言う、「また、明日ね!」っていう言葉も心優からすると違うんですよね。。


そんなものが当たり前じゃないって学べました。

一瞬一瞬に感謝してます

少し病みぎみでしにたいとかいう友達にこの本貸したら、「もう、二度としにたいなんて言わない。言えない。ありがとう!」って言ってましたよ!


私に、いえ私達に命の大切さ、重さを教えてくれてありがとうございます


ふぶき✡ 17/01/10 16:31

とても、感動しました。
タイトルが気になって私はこの小説を読みました。
今、私は中学生です。
心優たちと同じ中学生です。
私には想像がつきません。
中学生で大切な人がいなくなること、クラスメイトの誰かがいなくなってしまうこと、そして、自分がいなくなってしまうこと。
大好きだからこそ、別れを告げなければいけない。心優が光希に別れを告げたところは、もう涙が止まりませんでした。
それでも、2人の絆は強くて、感動しました。
梨帆ちゃんも、ずっと心優をそばで支えていて、希衣ちゃんも、優しくて、光希の事大好きなのに2人の背中を押してくれました。
この小説に出てくる全ての人が優しくて、心があったかくなりました。

長くなりましたが、この物語を書いてくださり本当にありがとうございました。
命の大切さを教えていただきました。
毎日を一生懸命生きようと思えました。

岩 さくら 16/12/26 18:08

もうずっと涙が止まりませんでした。

私たちが普通に過ごしてる毎日はかけがえのない大切な日々。

つらくて死んじゃいたいって思う事もあるけど、この作品を読んで「生きたい」って思いました。

素敵な作品ですね。

Yuna.Y 16/12/12 19:29

感動しました、
いきたくてもいきられないひともいることを命を粗末にするひとたちに伝えるために映画化してほしいです、

井口彰宏 16/12/02 20:40

この作品、本当に泣けます!

他のものとは違って、亡くなっても大切な子、と言うのは感動的でした!


これからも応援してます!


ちなみに【てのひらを、ぎゅっと。】の本、持ってます!!

あーや(≧▽≦) 16/12/02 00:29

>>全て見る

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。

>>作品に戻る



 ※通報とは?