孤独だった。
誰にもわかってもらえなかった


そうやって、心を閉ざしていた私に
声をかけてくれたのは




あなただけでした。






そんなあなたの本当の孤独に
出会ったばかりの私は気付くことすら出来なかった…



あなたの孤独に気づくまで







これは、それまでの物語。

この作品のキーワード
親友  孤独  独り  寂しい  独占欲  高校生