『そこにはいつも、君がいて』
ある少年と少女の話。
僕は、その子を知っていたんだ。
ただ、その子が好きだったんだ。