★★★★★
切ないけれど
心理描写が、凄く上手です。

葉月ちゃんが心のなかでつぶやく言葉がひとつひとつ、すんなりと胸のなかに入ってきます。

感情移入しやすく、葉月ちゃんと一緒に嬉しい気持ちになったり、切ない気持ちになったり。陽平くんへの想いが、凄く丁寧に描かれていました。

お祭りのシーンも、楽しげなふたりの様子が、目に映るようでした。まるで目の前で陽平くんが笑っているような、そんな感覚です。

最後の花火が上がる描写には、ハッとさせられるものがありました。描かれる花火の文字列に、惚れ惚れ致しました。

切ない、夏の終わり。しんみりとしていて、けれど暖かい。そんな雰囲気の作品です。是非、ご一読下さい。
相沢ちせ
13/10/06 20:20

>>新着レビュー一覧へ