私はある雨の日、見てはいけないものを
     ――見てしまった――

「おはよう」
 いつものように、挨拶をする。
「あ、おはよう」
 クラスの女子が、いつものようにさりげなく返す。
 その後はいつものように、話を止めていた口を動かし始める。
 私はいつものように、席についてため息をつく。
 いつもと同じ風景、つまらない日常……。
 それが突然、決まっていたかのように
    狂い始めた……。

 


  ホラー・サスペンス&推理モノになってます。
  ※グロ有り注意。
 

この作品のキーワード
ホラー  サスペンス  推理  ドキドキ  ファンタジー 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。