これは昔、幕末の時代を駆け抜けた
人斬り集団、いや、新撰組と
とある冬、
何者かに瞳を斬られ
視力と光を失った少女の物語。

少女は知ってしまった
己の瞳を斬った男を

そして、彼は気付いてしまった

あの時、己が傷付けた少女が彼女だと


そして、彼等は恋をした

光を失いながらも
賢明に己達の世話をする
彼女に。

だけど、彼女は光をその瞳に映すことなく、、、



ああ、
哀れな少女を
神はお救いになられるだろうか。


これは遠い昔のお話です。




§いやぁ、
作者は小説を書くのは好きですが
下手で飽き屋なので
更新は鈍いときもありますが
どーぞ、気長に待っててくださいな♪§



キーワード

新撰組/壬生狼/人斬り集団/人斬り/盲目少女/土方歳三/沖田総司/永倉新八/斎藤一/井上源三郎/藤堂平助/原田左之助/近藤勇/山南敬助/山崎烝/山崎歩/伊東甲士太郎←あってる?漢字ww/吉田稔麿/高杉晋作/桂小五郎/岡田以蔵/武市/松本先生/芹沢鴨。




これは完全オリジナルですので
歴史そんなに関係ないですww
私、そこまで歴史に詳しくはないので、はい。
まあ、アレです、、、
新撰組が好きなだけなんで!!←


では、楽しんでいってください





盲目少女と人斬り集団

この作品のキーワード
新撰組  盲目少女  芹沢鴨  土方歳三  沖田総司  斎藤一  高杉晋作  吉田稔麿 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。