愛され方も愛し方も分からなかった私に愛し愛される事の幸せを教えてくれたのはたった1人の君でした。

目次