「あみちゃ~ん♪」



どっからどう見てもぽっちゃりな幼なじみの響くん



一緒にいるのが嫌なほどぽっちゃりだったのにさ?



家の都合で引っ越して
久しぶりに帰ってきたら…



「お帰り亜箕」



……って……



誰⁉︎



この人⁉︎



___________



「亜箕....もしかして俺に惚れた?
可愛いやつ」



「こんくらい、俺に任せとけ」


「俺にも教えてくれたっていいじゃん?」



意地悪だけどたまに見せる優しいとこ、あまえん坊なとこ


ムカつくけど優しい彼に心惹かれる亜箕



しかし…



「別に、亜箕が好きだから優しくしてるんじゃないから
勘違いすんな」



「……え?」



恋の行方はどうなる!?


これは急にイケメンになってしまった幼なじみくんとわたしの



甘い恋愛ストーリー♪



久下響(kuge hibiki)



×



高嶋亜箕(takasima ami)



この作品のキーワード
ぽっちゃり  イケメン