サイトにアクセスし、小説のページをめ くるたび、私は夢の世界に行くことがで きた。

「中学時代のヨウも好きだったけど、ひ とつのことに集中して楽しそうにしてる ヨウはもっと魅力的だと思ったんだ」

「ごめんなさい。私は最高の自己中で す」



「たとえランキングに入ってなかったと しても、俺はヨウの作品を好きになって たよ」


あんなに楽しかったケータイ小説の更 新。

《ありきたりな作品ばかりですね》

なのに、書くことが、一気に重荷になっ た――。



「ファン1号?」

私は、挑発されている?

書くことに 意味なんてあるの?


《一生懸命書いた作品なら、どんなもの でも誇っていいと思います。》









*ケータイ小説シリーズ第2弾*

2014.1.24(金)
他サイトにて完結

この作品のキーワード
大学生  純文学  孤独  恋愛  ケータイ小説  憧れ  失恋  純粋  人生を考える  シリーズ 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。