「エタニティ」玉城あいり/著  感想ノート

  • kodamaさんへ

    シリーズで読んで頂いているようで、ありがとうございます。m(._.)m

    基本ラブラブなクセにの二人なので、ハル君に何を言わせようか、考えるのが一番楽しかったりします(笑)

    次は、決まっているようないないような……見切り発車で、また反省したくないので(照)

    嬉しくなる感想、ありがとうございました。

    次作のエネルギーにしますね。

    玉城あいり   2014/05/18 09:42

  • はじめまして。
    美知佳さんと陽希クン、新たなお話嬉しいです。短編なので、まさにsweetなところばかり見せてくれるので、ハラハラせず安心して?(笑)読めますね。
    年下らしく甘えたかと思えば、時折見せる大人の男の色気。陽希クン魅力的です。

    どの作品もとても洗練された文章で、言葉を選ぶセンスが素敵だなと思いながら読ませていただいてます。

    これからも楽しみにしています。

    kodama   2014/05/18 07:30

  • あれっ?何か押しちゃった ↓ の続きです。

    もうラブコスメみたいに、お題もないので自由に書いてみました。
    すると何故だか、スイート度が減ったかも?です。ハル君は溺愛系の人だけど、美知佳に関しては自信があるのか無いのか(笑)
    また、何か書けたら良いんですけどね。

    因みに私も、ノーラ大好きです。
    ハー〇クィンの時もかなり好きだったんですが、他文庫になって話しに厚みが出た辺りから、ハマりましたね。
    ことに、今までのような受け身じゃない主人公最高!って、なんのページか忘れて熱く語ってしまった。……また、一ノ瀬さんの方にもお邪魔します。


    玉城あいり   2014/05/18 07:11

  • 一ノ瀬さん

    さっそく読んで頂いた上に感想まで、ありがとうございますm(._.)m

    玉城あいり   2014/05/18 06:50

  • こんにちは

    今作も短くもギューと凝縮された味わい深いお話ですね。

    『私は消化不良のような、永い初恋の想い出に別れを告げた』のシーンで美知佳さんに憑依して切なさMAXでした…

    『『交わりそうで交わらない運命』なんて切ないけれど、全ては必然の出来事…それらがあったからこそ、今の私がいる』もう名言集入りです♪

    葉山君との『交わらない運命』があり、ハルとの出会いがあって今が幸せなのに…

    『ほろ苦い』切なさが印象に残る作品でした。

    ファンに送信して下さったメールも楽しく読ませて頂きました。

    海外ロマンス小説の話で一つ共通点が見つかって嬉しく思いました。
    私も海外ロマンス小説の方が遥かに馴染みがあります。
    好きな作家はノーラ・ロバーツ…王道過ぎますか?

    これかも作品楽しみに待ってます♪

    一ノ瀬ゆり   2014/05/17 13:31