「キョウちゃんの宝もの」真矢すみれ/著  感想ノート

  • 桐谷真綺さん、こんにちは!
    素敵なレビューと感想をありがとうございました!!*\(^o^)/*

    はい! ケータイ小説は小説か?の織音♪です。(*^_^*)
    こちらの作品も桐谷さんに読んでいただけて、幸せです☆
    そして、ひどく心を打たれたなんて、もったいないくらいの感想をいただけて、本当に嬉しいです!! 

    桐谷さんも虐待問題を研究されているんですね。本当に、この負の連鎖は辛いですよね。少しずつなくなっていき、いつの世か、ほぼゼロになる日が来るといいのになぁ……と夢想したりもします。(*^_^*)

    突撃訪問大歓迎です! いつでも突撃してくださいね☆(-_^)

    真矢すみれ   2015/01/27 08:15

  • 米本美生さん、こんにちは! 初めまして!
    感動したと、頑張って涙をこらえていたと言ってもらえて、本当にとても嬉しいです!!(*^_^*)

    虐待の連鎖って、そうなんですよね。本当にあるんです。この作品の親子のように分かりやすい形じゃなくても、密かに受け継がれてしまっていたり……。
    でも、本人たちは連鎖していることに気付いていないケースが多くて。
    負の連鎖に陥っている方々が、この作品を読むことで、気持ちを切り替えることで、その連鎖から抜け出せるんだと気づく助けになれたらいいなぁ、そう思いながら書いた作品です。

    これからも頑張って、お心に残るような作品を書けるよう精進しますね☆
    本当に、素敵な感想をありがとうございました!!(^_^)

    真矢すみれ   2015/01/26 08:40

  • 初めまして。
    米本美生(よねもと・みい)と申します。

    感動しました!
    電車の中で読んでいたのですが、頑張って涙こらえていました(>_<)

    昔虐待された人が結婚して、出来た子どもにまた虐待を繰り返してしまうと聞いたことがありますが、これを読んで確かにそうなのかな~と思いました。
    確かに断ち切るって出来ますよね!!

    これからも頑張ってください!
    (*^_^*)

    米本美生   2015/01/26 07:12

  • FELLOWさん、ありがとうございました。(#^_^#)

    キョウちゃん=モモちゃんのママなんです。
    やっぱり、そこの切り替えが分かりにくいですよね。
    絵本のつもりでページ割りして書いていたので、絵がないと、実に難しく。(>_<)

    地の文での補足も追いついていない感じです。
    そこに誤解が生まれてしまうと、話として成立しないので、追々、手直ししていきますね!

    アドバイス、ありがとうございました!m(_"_)m

    真矢すみれ   2014/06/22 23:48

  • 終盤で地の文の語り手が誰かわからさせる展開はぞっとしました。でも、ママはモモちゃんとキョウちゃんのお母さんということでいいのでしょうか。
    登場人物の中で、ママが少し浮いている気がいたします。キョウちゃんとモモちゃんと、語り手であるぬいぐるみだけで成り立ってしまうような気がしますので、そちらの方が分かりやすいですし。

    そこが少し惜しい気がいたしました。

    fellow   2014/06/22 22:44

>>全て見る