「恋ごころトルク」蒼山 螢/著  感想ノート

ブンブンブブブン

  • >>夢幻キリコさま

    感想とレビューありがとうございました。
    「読んで良かった」と思っていただけて、本当にそれだけで書いて良かったと心から思います。

    活発で明るい女の子のイメージ、根っこ設定はそうですね。
    なんていうか天然の真っ直ぐさというか、計算してないけど明るくて魅力的な女の子っていますよね。男性が知らずと惹かれてしまうっていうか。そういうのを描きたくて。きっと、女性から見たらどうなんだろう、自分はこうしないかもって思われるかもしれまえんね。

    そうかー。憧れの彼がいたら店に行って話しかけたりしますね(笑
    バイクのお話を書きたくて「好きな彼がいる→バイク乗り→免許!」ってなったんですけれど。

    光太郎とツーリングシーン、番外編でもいいかもしれませんね。
    本編は想像にお任せということで……。

    バイクのことメインで書くと恋愛ものではなくて職業ものになってしまいそうで(笑)
    すこし前まで、ラストはちょっと違っていました。書き直しをしたんです。

    最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

    蒼山 螢   2015/11/18 15:36

  • 読了いたしました。

    爽やかなキャラと展開、読後感は読んで良かったと心から思える良作でした。
    ラストの真白の言葉は、同棲し始めたということでしょうか。
    若い二人がキラキラ輝いている素敵なラストでした。

    女の子がバイクの免許を取得するってあまり見ない設定ですが、それがとてもよかったと思います。
    できれば真白が自分のバイクに乗っているシーンを読みたかった気がします。
    そして光太郎と仲良くツーリングしているシーンとか。

    蒼山さんは真白が少女漫画の主人公のようなキャラとおっしゃっていましたが、個人的にはそうは思いませんでした。
    どちらかといえば、青春少年漫画に出て来る活発で明るい女の子というイメージです。
    めげずに前を向いて走り続けているような。
    叩かれてもへこまず、何度でも立ち上がる。
    そんな芯の強い女の子のイメージです。

    キャラ造形と展開についてはいくらでも語れてしまうので、ここらでやめておきます(^_^;)
    とにかく、それほどすばらしい作品だったとお伝えしたいです。

    いつも素敵なお話をありがとうございます^^
    これからも応援していますので、がんばってくださいね!

    夢幻キリコ(退会)
    2015/11/12 20:42

  • 【レビューお礼】銀マム さま

    読んでいただき、ありがとうございました。
    バイクに乗りたくて、勢いで免許を取りに行ったこの感動を伝えたくて(笑)
    それと恋愛をからめて書いたらこんな感じになりました。
    お楽しみいただけたでしょうか。

    胸きゅん、ドキドキって求めていても、書くのは難しいですね。

    銀マムさまの心に残れば嬉しいです。
    ありがとうございました。

    蒼山 螢   2015/04/14 17:26

  • >ひらび久美さま

    はじめまして。
    感想ありがとうございます。

    女でも男でも、真っ直ぐな人って好印象ですよね。
    ちょっとスレていた光太郎を胸きゅんさせたと思いたいです(笑

    旦那様とツーリングに行かれる職場の先輩、うらやましいです。

    バイク、気を付けて乗らないといけませんが、楽しい乗り物です。
    プロテクターとヘルメット絶対着用で。

    真白と光太郎、ふたり並んで走ってるでしょうかね。
    楽しいんだろうな。
    あたしも楽しく想像してしまいました(笑)

    ありがとうございました。

    蒼山 螢   2015/02/05 16:25

  • はじめまして。

    真白ちゃん、気持ちいいくらいまっすぐな心の持ち主でしたね。
    そのまっすぐさが光太郎さんの心に響いたんでしょうね(なんて
    勝手に想像していますが……)


    以前、職場の先輩にだんなさんとツーリングに行っていると
    聞いて、自動二輪に憧れたことがあるのですが、
    小心者(恐がり?)なので、諦めました(笑)。

    真白ちゃんは無事免許も取れて、これからきっと光太郎さんと
    二人で人生を積み重ねていくんでしょうね。
    明るい終わり方で本当に良かったです。

    ステキなお話をありがとうございました。

    ひらび久美   2015/02/01 22:01

>>全て見る