編集部からのお知らせ

「嘘から始まる運命の恋」ひらび久美/著  感想ノート

ノリと勢いで書いてしまいました。
一人称、少しは読みやすくなったかな~。
でも、気づいたんですけど、三人称がすごく書きにくくなってしまいました。

感想をいただけるとうれしいです!

  • >碧(Aoi ) さま

    とても丁寧なご感想をありがとうございます!

    にゃはは。そうなんですよね。設定としてはよくあると思うのですが(「目が覚めたら知らない男性が……」という設定で書いた話は、私自身ほかにもいくつかあります(笑))、今回はものすごく自分の願望を込めて、イケメンに甘いセリフをたくさん言ってもらおう!というテーマで書きました(笑)。

    マカロンの方では加筆しているのですが、こちらではまだ真由奈の気持ちの描写が甘くて、「そんなお願い、聞く?」みたいになってしまうかもしれません。そこも、説得力のある文章という点で精進していきたいと思います。

    途中、真由奈の気持ちの切なさまで読み取っていただいて、とてもうれしいです。そして最後は「安心してください、ハッピーエンドですよ」(笑)。なんというか、私自身、涙もろくて、これでもかってくらいのハッピーエンドが大好きなんです。

    私はもう楽器から遠ざかっているのですが、演奏を聴くのが大好きで、自分の世界に入ってしまいました。音色を聞き取っていただけて、光栄です。


    それから、レビューの件ですね。私もあまり詳しくないのですが、「読者メニュー」のところの最近読んだ本に「この作品のレビューを書く」というアイコンがあって、そこから書けると思います。私はパソコンでしか見ないので、スマホとかだとわからないのですが……。

    作者が更新やページの追加をすればレビューボタンが消えることもあるらしいですが、ずっと更新はしていないので大丈夫だと思うのですが……。

    お時間のあるときにでも、見ていただけるとうれしいです。

    うれしいご感想をありがとうございました!

    ひらび久美   2016/03/29 11:13

  • こんにちは。ひらびさん。

    最初は正直、軽い気持ちで読んでました。
    目が覚めると、知らない場所…
    服を着けてない状態で「隣にいるのは誰?」と記憶を呼び戻すシーン…

    時々あるよね、こういう設定…と…。

    妹のそんな無理難題とも言える頼み、聞くかな、普通…とか。

    そんな感じで斜に構えつつ(笑)読み始めたのに(ごめんなさい!)いつの間にか引き込まれ、一気に読んでしまいました。


    ライブハウスのジャズライブでは、音が聴こえないのが残念なくらい…と思いつつも、私の脳内では音を想像して勝手に楽器の音色が流れていました。

    そして、その後の防音室での二人だけのセッション…。
    私自身、バンドをやっていたこともあり(ジャズではないですが…)愛する人とのセッションというものにとても憧れていました。
    結局、そんな経験をすることはできませんでしたが…。

    そして、楽器の中でもピアノとサックスの音が大好きなので「ここでは、こんな軽快なピアノ、ここは胸の奥を震わせるようなアルトサックスの音」と想像しながら読むのがとても心地良かったです。

    音が流れる…想像できる…ってことは、ひらびさんの文章の力ですね。


    カイは、途中から真由奈が真由里ではないと気付いたんじゃないかと思ってました。

    真由里とは体だけだったけど、真由奈といろいろ話して、音楽を共有するうちに真由里とは違う真由奈の魅力に気付いて惹かれて行ったのかと…。
     
    そのうち「君は誰?真由里じゃないよね?」
    と言い出すのかと…。

    だから、最後の展開に驚き「なーるほど!」と嬉しくなり、思わず頬が緩みました。

    誰も傷つかないハッピーエンド♡
    読後、爽快な気分になりました。

    「私に気づかないで。気づいて」
    という真由奈の想いが切なくて堪らなかったので、余計に…。

     

    そして他の方も書かれていますが、ケイのセクシーな魅力、台詞にトキメキました。


    長々とすみません!

    レビューも書こうとしたのですが、読んだ後に出た『レビューを書く』のマークが、一旦他事をしてから戻ったら、消えていました(泣)

    レビュー書いたことがないので、説明を読んでもよくわかりません!
    ついでと言っては何ですが、教えて頂けると助かります。ごめんなさい。

    碧(Aoi )   2016/03/29 01:47

  • 氷川真紗兎さま

    もったいないくらいのレビューとコメントをありがとうございます!

    掴みは大切ですよね~(笑)。
    某作家さんの本を読んでいろいろ研究しました。
    とはいえ、冒頭がうまく書けても途中で減速しないか……という不安もあるんですけど(笑)。

    最後、笑ってもらえて良かったです。
    ドロドロする展開にもしようと思えばできそうですけど、個人的にはハッピーにすっきり終わらせたかったので!

    ご覧いただきありがとうございました!

    ひらび久美   2015/11/17 08:52

  • スピーディな展開に引き込まれて、一気に読ませていただきました!

    やっぱり音楽絡みの作品は好きです(^^)
    セッションのシーン、学生時代にいろいろ遊んだのを思い出しました(ジャズではなくロック系ですが)。

    ドラマチックなストーリー運び、おもしろかったです。
    冒頭が色っぽくて、さすがでした。
    掴みが大事ですね!←ライヴに限りません(笑)

    嘘への罪悪感と謝罪したいという誠実さが切なくて、真相にたどり着いたときはホッとして、なんだか笑えてしまいました(^^)
    収まる所に収まってよかったです。

    楽しくて熱い作品、ありがとうございました!

    氷川マサト   2015/11/16 16:15

  • 涼川 凛さま

    ご覧くださってありがとうございます!
    堪能していただけたなんてとても嬉しいです!

    にゃは。
    私の願望が出ているのかもしれません(笑)。
    「読者の私も恋してしまう」というのは最高の褒め言葉です!

    今回は本気で(?)ステキ男性を登場させました。自分も惚れるくらい甘くていい男を書いてみよう、という気持ちでしたので、本当に光栄です。

    嬉しい感想を本当にありがとうございました!

    ひらび久美   2015/11/01 21:29

>>全て見る