「女神は夜明けに囁く~小川まり奮闘記③~」明紫/著  感想ノート

  • 夢幻キリコ様。

     おはようございます~。ついにこちらも!ああ、ありがとうございます!
     題名・・・私は題名をとても大事に思ってますので褒めていただけると照れますが、でもさほど考えているわけではないんです~・・・。すんません。いつも、先に題名が降ってきます。それが気に入れば作品を書き始めるので、題名の理由をどこで使うかは全く考えてないままで進むのです。それで回収できたら、ああ、良かったと胸を撫で下ろす(汗)いつもそんな感じです。
     4はないんです。これ以降は短編ばかりになりまして。「女神は裸足で駆け抜ける」と「女神の災難な休日」、それから「女神は蜘蛛の巣で踊る」が続きます。お時間ありましたら、そちらもどうぞ。
     いつもありがとうございます。途中で下さるちょっとしたコメントにいつも笑いました~!!

    明紫   2016/09/07 08:01

  • 読了いたしました。

    はじめ、サブタイトルの「夜明けに囁く」の意味がわかりませんでした。
    でも玉置の件のケリがついたあたりで、ようやくわかりました。
    寝ている桑谷に教えたことですね!
    確かにあのシーンは象徴的できれいなシーンでした。
    これがわかった時、「さすが!」って感動しました^^
    明紫さんってブログとかでもタイトルにすごく拘ってて、だからこそこんな素敵なタイトルをつけられるんだろうなって思いました。
    直感とその場のノリでつけてしまう私とは雲泥の差ですね(^_^;)

    今回の“敵”はなかなかしたたかでしたね。
    そしてある意味怖い。
    開き直ってくるというのは、やっぱり怖いです。
    実際、一時期は二人の仲が壊されそうになったわけですもんね。

    海のシーンがお気に入りです^^
    砂まみれでいちゃつくシーンです。
    まるで青春映画のよう。

    そして子育てまり。
    けっこうクールで、それでいてドライに子育てしそうですw

    ④ってあるんでしょうか?
    ぜひ読みたいです^^
    いつも素敵なお話をありがとうございます!

    夢幻キリコ(退会)
    2016/09/06 21:08

  • まひるるる様。

     おはようございます~!楽しんで下さったようで、安心しました(笑)良かった良かった。途中、日にちがあいてすみませんでした。まだ次々転載しますので、お待ち下さい。いつも嬉しい言葉をありがとうございます!大きな励みになってます!

    明紫   2016/05/04 08:55


  • まりちゃん最高デス❗️書籍化されて書店にあったら絶対買う。
    言語も行動も半端ない怪獣夫婦(夫婦になってパワー倍増)にケンカ売るなんて玉置さん、命知らずでしたね。
    あー、もっと読みたいでーす。
    おつかれ様でした〜(*^_^*)

    まひるるる   2016/05/03 10:36

  • まひるるる様。

     おはようございます~!今回もありがとうございます!訂正しながらなのでちょっと遅いかもですが、元はあるので出来るだけ早くアップします~!

    明紫   2016/04/22 08:10

>>全て見る