「新・鉢植右から3番目」明紫/著  感想ノート

  • 安紀子様。

     おはようございます~。そうなんです、あの作品はこちらでは削除しておりまして。わざわざすみません。あなた様も編み物をしていて、それは仕事だ、ということと、その時に感じる心模様などを書いてくださっていました。ぽおっと温かい気持ちになったので覚えているのです。
     鉢植も読み直して下さったのですね、嬉しいなあ!!ありがとうございました!

    明紫   2016/11/10 07:53


  • 明紫さま

    元気でしたよ。
    「手の平のふわわ」にコメントをしたのを覚えていなくて
    何て書いたか見てみたいと思ったのですが見れなくて(笑)
    ちょっと気になったので、右から〜には関係ないですが、コメントしてしまいました。
    すみません。
    前の二つのお話も読み直してきましたよ。
    やはり良いですね。
    ありがとうございました。

    安紀子   2016/11/09 12:20

  • 安紀子様。

     おはようございます~!おおおお~!と喜びました、お久しぶりです、お元気でしたでしょうか?未だに「手の平のふわわ」に頂いたコメントを覚えてますよ!
     読んでくださってありがとうございます。大地は相変わらずですが、ちゃんと愛情を示すようになってますよね?近くなった分、無口度は増えている気がしますが・・・まあ家族ってそういうものですよね。
     お陰さまで幸せでした、ありがとうございます!

    明紫   2016/11/09 08:36

  • noripon様。

     初めまして、ですよね?明紫です。読んでくださり、コメントもありがとうございます!!最初に鉢植右から3番目をこちらで発表した時に、「うちのダンナも無口だ!」という奥様方からたくさんコメントを頂いたのを思い出しました(笑)寡黙な日本男児、素敵ですよね。うちの相方も喋らないので・・・といっても大地のような感じではないですが。
     楽しんで貰えたようでよかったです!また短編でも書くときがあれば、こちらにのせますね。ありがとうございました~!

    明紫   2016/11/09 08:33

  • お久しぶりです。
    やはり鉢植右から3番目の世界は大好きです。
    テンポも好きであっという間に読んでしまいました。
    ダレ男でもちゃんと都を思っている大地がいいですよね。
    また近いうちに桜ちゃんの成長や妹か弟が出来る話とか、
    2人のいちゃいちゃとか見れたら良いなと思います。
    ちょっと前のお話ももう一度読んで来ますね。
    いつもありがとうございます。

    安紀子   2016/11/08 21:47

>>全て見る