「私とお母さんとお父さんと」林鼎/著  感想ノート