困難な初恋
10.エピローグ
「もーほんと、私のおかげじゃん!完全に!」

酔った純が腕をバチバチ叩いてくる。痛い。

そうだよ、ありがとう、苦笑いしながら言う。

「純ちゃん、また宮川さんとは全然キャラ違うね。」

そういう成瀬に、あったりまえじゃーん!と純が言い、ビールを煽る。

今日は、成瀬と純、秋葉と俺の4人で飲みに来ている。

二人に報告したときには、
成瀬も純も、それぞれほっとした顔で、良かった良かったと祝福してくれた。

「宮川さん、こいつ、重すぎない?大丈夫?
 喫煙所で会うたびに『一緒に暮らしたい』って連発してくるんだけど。」

「おい!!!」

成瀬のカミングアウトに焦る。

「あー、だめだね松原さん、秋葉と暮らすなら、やめなきゃ」

ターバーコ、と良いながら吸う仕草をする。

え!?

バッと秋葉の方を向く。

「苦手なの!?」
「・・・苦手」


まじか!!言ってくれよ!!
初めて聞く事実に、衝撃を受ける。

「で、やめるの?」
ニヤニヤしながら聞く成瀬に、顔をしかめながら答える。

「当たり前だろ」

こうなったら、とことん甘やかしてやる。

賑やかな雰囲気で、夜は更けていった。
< 38 / 38 >

ひとこと感想を投票しよう!

あなたはこの作品を・・・

と評価しました。
すべての感想数:55

この作品の感想を3つまで選択できます。

この作家の他の作品

冷酷弁護士の溺愛~お見合い相手は、私の許せない男でした~
NATOMI/著

総文字数/28,024

恋愛(その他)37ページ

第2回ベリーズ文庫デビュー応援コンテストエントリー中
表紙を見る
竜のつがい
NATOMI/著

総文字数/8,560

恋愛(純愛)8ページ

表紙を見る
明治、禁じられた恋の行方
NATOMI/著

総文字数/50,669

恋愛(その他)97ページ

表紙を見る

この作品を見ている人にオススメ

読み込み中…

この作品をシェア

pagetop