「吸血鬼の花嫁」はれはる/著  感想ノート

  • この作品に出会えて本当に
    よかったって思いました。

    涙をこらえながら読んでました。笑

    それぞれの恋や想い...
    運命や身元の違い...
    いろんなものが交差していて
    胸が掴まれる様な感覚でした。

    人の醜い姿、運命や身元の違いの残酷さ、
    そしてそれを越えられる強さと愛、絆。
    そんなものを学べた様な気がします。

    この物語に出会えてよかった。
    この物語、登場人物たち、そして作者様、はねはる様が生まれてきてくれたこと...
    それから、出会えた運命に心から感謝します。

    ありがとうございました(*´罒`*)


    どうか、ユゼと花嫁が
    幸せな温かい光に包まれて
    安らかに眠れますように。

    ゆうちゃむ.*   2015/02/26 09:31

  • 気まぐれに小説を探してここに辿り着いたのですが、読めて本当に良かったと思います。

    吸血鬼としての悲しみや『家族』の暖かさが感じられる作品でした。
    続編、もし執筆するのでしたらぜひしてもらいたいものです。

    これを言うのは少し可笑しいけれど、ありがとうございました。

    裏兎(退会)
    2013/08/16 05:08

  • とても感動しました。


    花嫁は死んでしまったのか、生きているのか、生きていたとしてどんな暮らしをしているのか、死んでしまったとしてユゼはその後どうなったのか、とても気になります。
    続編があるなら必ずよみたいと思います。


    でも残念でしたが誤字脱字や、言葉の間違い、表現の不足等が見受けられあまり読みやすくはなかったです。
    なおした方がよいと思います。

    おやつ   2012/10/17 02:23

  • 切なすぎる噺です

    クーが可哀想

    でも最後は2人の幻がでてきて、温かい気持ちになりました

    音無砂月(退会)
    2012/03/20 12:34

  • なんか凄くあたたかい気持ちになりました


    2人はずっとどこかで生きているんですね

    atlav   2012/02/08 00:58

>>全て見る