「ラスト・ラブ -制服のときを過ぎて-」高江 圭/著  感想ノート

ひと言でもコメントをいただけると、喜びます。なお、主人公の名前が登場しないのは、わざとです。

感想はありません