「恋人たちのパンドラ【完】」高田 ちさき/著  感想ノート

長編第二作目です。
今回のヒーローは残念な感じの人なので、人気出ないだろうな。なんて思いながら書いてます。
感想いただければ嬉しいです。

誤字脱字気をつけてますが、おちょこちょいなので多いです。ごめんなさい。連絡くれるとうれしいです。

  • パンドラの箱は何なんだろう?とタイトルに惹かれて読みました。
    元々、ちさきさんのラブコメが好きで読ませて頂いていましたが、いつもと違う毛色ながら読みふけってしまいました。
    二人が切なくて悲しくて…でも最後は希望が残っていた…すごく救われました。
    同じ女性として悠里の気持ちもよく分かります。でも一歩の勇気でみんな幸せになれるんですよね!壮介もそう…
    幸せになれるお話ありがとうございます。
    いつもとまた違う俺様キャラの壮介も人間味があって好きです♪
    また、素敵な作品楽しみにしています。

    櫻唯   2018/03/24 19:08

    櫻唯さま

    お返事が遅くなって申し訳ありません。また素敵な感想ありがとうございました。
    いつもとは毛色の違う作品なのですが、わたしもお気に入りのお話なのでこのような感想をいただけてうれしい限りです。
    わたしも久しぶりに読み返してみようかな……。
    ゆっくりペースですが新しい作品を公開した際は、ぜひ読みに来てくださいね!

    作者からの返信 2018/04/09 11:57

  • 黒霧さま

    一気読みしていただいたと聞いてとても嬉しく思います。
    この作品は私のお話のなかでも、どちらかというと暗いイメージの作品なんです。なのであまり需要がないのかなぁと思いながらも、こんな風に完結してずいぶん経つのに感想をいただけて感激しています。
     当時としては精一杯書いたものですが、いま読み返すと……でして。いつかもっと加筆したものを公開したいなぁと思っています。
    いつになるかはわからないんですが、その際はまたよろしくお願いします。(お約束はできませんが美津子のその後も……ちょっと考えてみます)

    最後になりましたが、感想ありがとうございました。
    これからも頑張って執筆していきます。

    高田ちさき

    高田 ちさき   2015/03/11 23:08

  • 初めまして。一気読みしてしまいました。

    感動しました。9年間お互いの事忘れずに想いあってて、ハッピーエンドになって良かったです。

    ゆうりと美津子さんは、どうなったんでしょう?
    そんな所の番外編読みたいです。

    これからも良い作品書いて下さい

    黒霧   2015/03/11 16:39

  • 綾瀬かおる様

    素敵な感想ありがとうございます。
    もう一年以上も前に完結した作品で、つたなすぎて赤面ものですがそれでもこんな胸に響く感想をいただけて恐縮です。

    正直受け入れられない人もたくさんいるお話だと思います。ご都合主義なところもあるし、ベリカのサイトの色とは合わない作品です。
    それでも私のどうしても書きたかった作品なので、思い入れもひとしおです。

    これからも、少しでも楽しんでもらえる心に残る作品を書ければいいなと思います。

    ありがとうございました!

    高田 ちさき   2014/08/26 15:58

  • ちさきさん、こんばんは♪


    作品を一言であらわすと……

    『ハカナイ衝動』です。

    悲しくて切なくて……苦しくて。

    つぎつぎと負の感情が連鎖していく。

    そんな、どこか痛々しいストーリーが終盤にかけて、しあわせにつつまれていく展開は……こころふるえるものがありました。(´;ω;`) るる~泣


    最初は、(しょうじきに)読むのがしんどかったです。

    孤独な、(しかも女性としてのデリケートな悩みをかかえている)悠里にたいして壮介は、

    『なんて非常識で、じぶん勝手なんだろう……!』

    って嫌悪感すらおぼえましたo(*`ω´*)

    ……それでも、

    すれ違いで苦しんできたふたりだからこそ、真実の愛にたどり着いたしゅんかんは、

    おもわず

    『よかったね』

    と、口ずさみたくなるほど、こころのなかで祝福できました(*´ω`*)♪

    (なんだかんだ言っても……
    壮介の溺愛っぷりは~たまらんかったです~(ノ)ω(ヾ)笑)


    あとは……

    188ページの、『誰だって~、傷つかない人はほんとうの強さもしらないんだよ』

    のセリフに共感しました(σω`)。

    (傷ついて苦しんだ過去をもつ人にしか言えない、重みのある言葉だとおもうから……)



    とにもかくも、

    いろんな意味でわすれない作品になりそうですノ>ω<)ノ

    作品に出逢えてよかったです。
    わたしもいつかは、悠里みたいな しあわせをつかみたいな~‥なんて♪笑

    そんな甘い夢をみちゃうほど、希望にみちあふれた『パンドラの箱』の世界観でした***



    綾瀬かおる(退会)
    2014/08/26 00:04

>>全て見る