カラダ探し
あとがき
皆様、カラダ探しはお楽しみ頂けましたでしょうか?


6月末から野いちごで連載を開始して、もう完結となりましたが、ホラーというジャンルを楽しみの一つとして、選択して頂けるようになれば幸いです。


怖いのが苦手だという方には、選択肢の中にすらないとは思いますが、それでも読んで頂いた方々には感謝の極みです。


さて、私はゴリゴリのおっさんなわけですが……今作で初めて女子高生視点で書いてみました。


これがまた……楽しいんですよ。


男を主人公にすると、強く賢い、戦える学生になってしまいがちなのですが、主人公の女の子を弱く、賢くない設定にすると丁度良い。


怯えて、恐怖して死ぬ。


たまに凄い度胸を見せる。


もしも、女子高生が本当にこんな事をしていたらと、常に考え続けていました。


おっさんなんですけどね(笑)


このラストは、書き始めた時から決めていたものです。


皆様はどういう感情を抱いたでしょうか?


ただ怖いだけで終わらせたくないという想いが皆様に届いたなら、きっと泣きそうになったのではないでしょうか?


怖いけど読んでしまう……そんな中毒性の高い作品である事を願って、機会があればまた会いましょう。


カラダ探し~第二夜~で。※連載は確定してません
< 634 / 634 >

ひとこと感想を投票しよう!

あなたはこの作品を・・・

と評価しました。
すべての感想数:6,596

この作品の感想を3つまで選択できます。

この作家の他の作品

殺戮都市~バベル~

総文字数/767,673

ホラー・オカルト1,451ページ

表紙を見る
桜が咲く頃に、私は

総文字数/164,323

恋愛(純愛)301ページ

表紙を見る
東京ルミナスピラー

総文字数/797,326

ホラー・オカルト1,486ページ

表紙を見る

書籍化作品

この作品を見ている人にオススメ

読み込み中…

この作品をシェア

pagetop