2016年9月発売のマカロン文庫

「本当は誰にも渡したくない」
毒舌王子に誘惑されて
[原題]強気な瞳の落とし方
イラストレーター:宵マチ
あらすじ
出版社で働く美織は、一見仕事のデキる女だが、本当は不器用で空回りしてしまってばかり。ある日、おじさん向け週刊誌への異動を言い渡され、ショックを受ける。そんな美織の指導係になったのは、毒舌でクールな男・葉月だった。「バカだね、美織さんは」――厳しい言葉で突き放したかと思えば、仕事中なのに甘く迫ってくる葉月に、美織はドキドキが止まらなくて…。「俺のものにしたい」――いつもはイジワルなのに、私の心を甘くくすぐる毒舌系王子と胸キュンオフィスラブ。
いつも彼は逃げるから。どうしても捕まえたくなる。
気まぐれイケメン上司に振り回されてます!
[原題]アナタを捕まえたい
イラストレーター:椎名菜奈美
あらすじ
広告デザイン会社に勤める春絵は、すぐ会社からいなくなるけど有能なデザイナー・景のアシスタントをしている。その仕事は子守りのようだと言われてしまうもので、景のことを追いかけてばかりだ。しかし、密かに景に思いを寄せている春絵は、こうして仕事で近くにいられればいいと思っているものの、景のからかうような行動にいつも振り回されている。「かわいいから、からかいたくなる」――大好きな上司が今日も気まぐれに私を誘惑するので困ります…。
「もうしばらくの間だけ、貴女を守らせて下さいますか」
不埒な騎士の口づけは蜜よりも甘く
[原題]その手に騎士はキスを落とす
イラストレーター:龍胡伯
あらすじ
〝アリア王国に生まれた一番最初の王女は騎士をつけなければならない〟そのしきたりに則って、アリア王国第一王女であるサラは幼い頃から騎士・ディランと一緒だった。誰よりも互いを想い合っているのに、越えられない身分差の恋。ある日、サラは大国の王子と政略結婚することが決まって…。「私は、貴女しか愛したことはありませんよ、我が君」――姫と騎士は、絶対に愛し合ってはいけない。その誓いを破りし者は…。愛と国の狭間で揺れる、激動のラブファンタジー!なお、本作にはふたつの結末があります。どちらかをお読みになられてもかまいませんし、両方ともお読みいただいてもかまいません。
どうして私を傍におくの?
常務の秘密が知りたくて…
[原題]その顔が見たくて
イラストレーター:Asino
あらすじ
医療器具会社の秘書課に勤める絵里は、ある日、常務の長丘の秘書に指名される。常務は誰もが見とれるイケメンだが、常に女性関係の噂が絶えない人物。絵里はなぜ自分が秘書に抜擢されたのか理解に苦しんでしまう。それでも、常務は厳しいながらも時折とても優しい顔を見せ、絵里はその姿にだんだんと惹かれていく。「秘書だから気にしているわけじゃない。お前だから気になっているんだ」――常務はなぜ、私をそんなに気遣ってくれるんですか?
勘違いから始まる、秘密のオフィスラブ
秘め恋オフィス~クールな彼との内緒の時間~
宇佐木 /著
イラストレーター:茉莉花
あらすじ
文房具メーカーのコールセンターで働く柚は、会社の飲み会で酔っぱらって記憶をなくしてしまう。翌朝起きると、知らないアドレスからメールが。アドレスのイニシャルから、社内で大人気の先輩から来たメールだと思い込んでしまい、浮かれる柚だったが…。一方、その日からなぜか白衣を纏うクールでミステリアスな彼が柚の前に現れては、柚の心をかき乱していって――。
「別の男に身を任せるのもテだろ?」
時を止めるキスを
イラストレーター:moeko
あらすじ
付き合っていた彼氏に浮気されたのちに振られた27歳の藍凪。残業中に別れの電話を受けて泣いていたころに、上司の瀧野が現れる。瀧野はイケメンだけど、仕事ではとても厳しいイジワル上司…。しかも、失恋直後で泣いてる藍凪を慰めるかと思いきや「別の男に身を任せるのもテだろ」と、誘惑してくる。この日をきっかけに始まったふたりの関係。これは恋愛?それとも身体だけ?聞きたいのに聞けない、絶対秘密な関係の行方は!?
9月発売告知に掲示いたしました本作品の小説タイトルが、ベリーズ文庫既刊の小説タイトルと同一のものになっておりました。タイトルの改題はマカロン文庫編集部で決めたものであり、著者の方、読者の方にご心配とご迷惑をおかけしたことを深くお詫び申し上げます。