『ねぇ。空音ちやん。おおきくなったら結婚しよ!!』


『いいけど。怜くん。甲子園つれてってよ!!』








これが小さい頃の約束だった。

小さい頃から両想い…

だけど高校生になったいままで

自分たちは、片想いしていると

おもってる。



あの約束を果たすため

俺は、野球をがんばる。


そして、空音に告白する。




怜くん、野球してるときの怜くんが

昔からすき。


あの約束おぼえてる?










甲子園つれてってよ!!










この作品のキーワード
野球  幼なじみ  甲子園