悲観なんてものはない



『 今更解放なんて要らない 』



冥福なんて祈る気はさらさらない



『 だから望んだ、
いつよりか芽生えた願いを 』



それでも死に顔を見に来たのは


『 それが誰に、
どんな、
結果をもたらそうとも――― 』



勝ち逃げなんて許せないから



『 この切望の邪魔はさせない 』







この作品のキーワード
純文学  ミステリー  トラップ  妬み  不思議     

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。