★★★★★
正しく最強で最高の
まさかの偶然で、電気メーカーの"リストラ"課に雇用された主人公。お人好しで正義感の強い、美帆乃の運命はーー


一気に読みました。主人公が初めて「美帆乃」と呼ばれた瞬間。気持ちがリンクして、涙がこぼれていました。走り抜けるような後半の展開、楠さんの、美帆乃の、笹川くんの、それぞれの気持ちの強さに、また泣いていました。勧善懲悪、爽快なストーリーのはずなのに、顔がぐちゃぐちゃになっていてびっくり。

正義が正しいと言えないことばかりの世の中。お話を読んで、希望を見つけられた気がしました。正誤を感じられなくなるような生き方はしたくない。

恋愛面だけじゃない、圧倒されるほど練られたお話。けれど恋愛面だけ取り上げても十二分。わたしにとって二人は、正義のヒーローであり、水戸黄門御一行様であり、最強のカップルです。

とても400字では足りません。素敵な物語をありがとうございました。
かな
15/01/23 21:07

>>新着レビュー一覧へ