目が覚めると、そこには知らない男がいた。


なんて、お酒の失敗談でよく聞く話。


へえ、本当にそんなことがあるんだぁと友達のリアルな経験を聞きながら感心したりしていたけれど、自分には絶対そんな日は訪れないと思っていた。


だって今までお酒に酔って理性をなくしたことなんてないし、記憶だって飛んだことがない。


貞操観念だってしっかりしている方だと思うし、そこまで酔い潰れるほど、バカみたいに飲む性格でもない。


 それなのに、なぜか今、ベッドの中で男の人に腕枕をされている。


 目が覚めると、心地のいい朝で、カーテンから暖かな日差しが降り注いでいた。


いつもの景色。


私の部屋。


何も変わったことはない。


今日は土曜日だから会社に行く必要もないし、このまま二度寝をしようかと思って、布団を引き上げたその時……。


首の辺りに固い何かを感じた。 


 なんだろうと思って、目線を斜め下に向けると、それは人の手だった。


ホラー映画のような恐怖で叫びだしそうになったけれど、その手は指先が長く全体的に大きくて、人の温もりが感じられる生きた手だった。