彼に会えるのは夜だけだった

彼は夜の公園にいつも一人で現れた



彼女と話せるのは夜だけだった

彼女は月を見上げて綺麗だと微笑んだ




『月が明るすぎると
星は見えなくなっちゃうんだ』

『キミは見えなくなったりしないよね?』



『キミのことが好きだよ』

『側にいてほしい』



ーーーーーー月と星とキミと
since2014.12.03

この作品のキーワード
不思議  純愛  切ない