ヴィクトリア朝時代
ロンドンの外れに、一つの小さな屋敷。

そこには、屋敷の主人である青年と
一人の女性が穏やかに暮らしていました。




「今日は特別な日だから
とびきり君を美しく飾ろう」




主人はそう言って
とびきりのドレスを仕立て
応接間を白いバラで埋め尽くしました。



──────Thanks Review!────

宮 祥乃様

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。