去年のクリスマスに書いた短編です。


勇気を欲している少女の目の前に、一人の妖精が現れた。

「君の願いを、なんでも叶えてあげよう」