★★★★★
悲恋の極み、溜息の結末
.

何もかもが、想像以上なのです。


著者 花井 敬市 氏 がお書きになる小説は、悲恋を描いてさえ、何故こんなにも美しいのだろう?と、感嘆を零さずにいられません。

溜息の結末を、是非ご自身で確かめて頂きたい…

私から申し上げられるのは
ただ、それだけなのです。
.
パンダオサコ
08/07/24 20:10

>>新着レビュー一覧へ