★★★★★
甘さ全開+α(アルファ)
親のいいつけを守るのは
ある意味自己防衛
親の愛と信頼を失いたくない裏返し
けれど
親が子に厳しく接するのは
自分を乗り越えて貰いたいからこそ


会社を背負う重圧を
親に従順であることで誤魔化してきた達也
愛さえも会社の為に手放した
そんな彼の狡さと弱さを
歯がゆい思い出見守っていた父

「君だけはあきらめない」

達也にそう思わせた園子ってどんな娘なんでしょう?

「お嬢さん、君とのビジネスは成立だよ」

そう彼の父親に言わせた園子は何をしたんでしょう?


甘甘だけではない、親と子の葛藤もこの物語の読みどころです。
勿論、甘さ全開です(笑)
オススメです♪
bikke
15/04/27 12:11

>>新着レビュー一覧へ