大きな戦いが終わり、ハルアトスに平和が訪れた。
あの日から1年以上が過ぎ、世界は緑と安寧を取り戻しつつあった。


「人間も魔法使いも、そして、人間と魔法使いの血が混ざったハーフも、全てが在っていい
世界、全てが在ることが当たり前の世界を作ること。それが今のあたしの夢です。」

夢を語る少女は、その夢を本物にするために進む。

夢を語る少女の傍らにありたいと思う青年は、どう進むかを迷っていた。

「失う怖さよりもずっと、傍にいる幸せを感じたいと思う、今は。」

その言葉に嘘はないのに、躊躇って進めない。

「姫さん、オレの妻となれ。」

突然現れた風のような男に、2人の運命は揺さぶられる。

ハルアトスの姫君
―龍の王と六人の獣―

これは、覚悟を問う物語

執筆開始
2019.4.30

2019.5.5
完結しました!

この作品のキーワード
異世界  身分差  王族  魔法使い  ファンタジー  魔法  恋愛