放課後、私は、センセイの手で淫らに陵辱される。

私、『咲坂千波』は、一週間前、ある『賭け』にでた。

それは、ずっと想い続けてきたセンセイの『恋人』になること。

「センセイ、私のこと、『恋人』にしませんか?」

それから、私は、センセイとの『情事』に大胆に身を任せている。

そんな時、同級生に、センセイとの『情事』を密かに見られていた。

『久瀬湊』。

学年一の秀才で、スポーツ万能。

しかも、品行方正の優等生。

そんな奴が、私を脅し、その日から、彼とも『情事』を重ねてしまっている。

私は、センセイが好きなはずなのに、久瀬湊にも感じてしまっている。

何で?

一体、私は、二人のどっちが好きなの?