独りはいや・・・
なんで皆、私を嫌うの?
寂しい・・
私は、もう死んでもいいんじゃないの?
私が死んでも、誰も悲しまないから

この作品のキーワード
独り  無視  精神的攻撃