夏から書き始めた日記帳は、
そろそろ二冊目を終えようとしていた。


私はこうして、
自分の記憶が形として残るとほっとする。



日記帳もインスタントカメラも、
自分のそういう欲求を満たすための
道具の一つ。






大好きな人と出かけた海。

そこで私は、
最高の思い出を作る
……はずだった。


私の知らなかった秘密が
明らかになるたびに、


大好きな人は

信じられない人に変わり

記憶の中にいなかった人は

色がつくように

確かな人に変わっていく。


*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*


今日という日に限って


どうしてこんなにも
綺麗な色や形を私の目に映し出すのだろう




私は



幸せなのか



それとも不幸なのか




私は

あの日に戻ってきた




【さらば憧れのブルー】

2016.6.4 start



2016.9.19 end

この作品のキーワード
初恋  切ない  秘密  別れ  青春  記憶喪失  夜光虫  淡い恋  失恋